結婚指輪はどうして左手の薬指にするのか?

結婚をしている人は、左手の薬指につけていますが、結婚指輪をするのはどうしてなのでしょうか?結婚指輪というのはしなくてはならないのでしょうか?

結婚指輪を左手の薬指にするのには、様々な説があるのですが、左手の薬指が心臓と繋がっているということを聞いたことはありませんか?

今では、日本でも心臓のことをハートとか愛という様な概念をもっていますが、古代ギリシャ時代では、今よりも深く心臓を愛と捉えていた人が多かった様です。

実際に左手の薬指は心臓と太い血管で繋がっていると考えられていたため、とても大切な指と考えられていた様です。

そのことから、左手の薬指に、途切れることのない形をしているリングをはめることで、永遠の愛を誓いあい、そして永遠の相手の心と繋がるという様な意味合いで結婚指輪を左手の薬指にはめる様になったと言われています。

その他、指がそれぞれもつ意味に結婚指輪をはめる理由があるとも言われています。

当たり前の様に手には五本の指があり、それぞれの指を使って生活をしているわけですが、指の歌があったり、指にはそれぞれの特徴があり、更に意味もつけられている様です。

例えば、親指というのは、短くて太い指ですが、そのイメージから信念や意思という様な意味を持つ指として、真ん中で存在感のある中指は、直感を意味しているなどと言われています。

そして結婚指輪をはめる薬指というのは、愛情や絆を深めるという意味があると言われているので、そこに輪廻をイメージするリングをはめることで愛する人との愛が続く様、願いが込められていると言われています。

これだけ意味のある結婚指輪ですから、購入する時はこだわって慎重に選びたいですよね。

銀座ダイヤモンドシライシのような歴史あるブライダルジュエリー専門店がおすすめです。

Comments are closed.