結婚指輪の価格と負担する人

結婚指輪というのは、夫婦互いに揃えて購入するものなのですが、大体いくらくらいのものを世の中のカップルを用意するのでしょうか?気になりますよね。

結婚指輪は装飾的なデザインを選ぶというよりも、どちらかと優先されるのはずっと付けていかれる耐久性のあるものが選ばれている傾向にあります。

婚約指輪とは異なり、比較的安く用意できるというイメージがありますが、結婚指輪の平均価格は男女とも10万円台となっているそうです。

二人で20万円くらいということですね。

では、結婚指輪って誰が用意するのだと思いますか?婚約指輪というのは男性が女性に婚約の証に贈るものなのですが、でも、婚約指輪というのは男性からの一方的に贈るものではなく、女性もそのお返しに相応のものを贈っているものなのです。

ですから、結婚指輪もお互いに贈り合うというのが一般的です。

半数以上のカップルが二人で購入しているそうです。

男性が購入するというのは三割程度、残りは女性が購入したという人になります。

結婚指輪はいつくらいに用意しておくのかといえば、結婚式の前に用意しているというカップルがほとんどであり、早い人では一年前、ぎりぎりで一ヶ月くらい前までに用意されている様です。

結婚式を挙げる場合は、結婚指輪の交換のセレモニーが含まれているので、多くのカップルは事前に用意しているということでしょう。

お気に入りの結婚指輪を見つけたいのであれば、早めの準備をすることをお勧めします。

This entry was posted in 結婚指輪の価格. Bookmark the permalink.

Comments are closed.