結婚指輪の基本的な形は?

結婚指輪というのは、二人にとって特別な指輪であるのですが、それであってもオリジナルさをアピールしすぎるものではなく、どちらかといえば、シンプルな形が選ばれるものです。

しかし、シンプルだからこそ指にしっくりはまっていてほしいというのが結婚指輪だと思います。

そんな結婚指輪の基本的な形にはどの様なものがあり、どんな風にみんなは選んでいるのでしょうか?

結婚指輪といえば、基本中の基本はストレートです。

男性がつけやすいということもあり、多く選ばれている様ですが、女性も重ね付けがしやすいこともあって、やはり結婚指輪の形の中では人気があります。

ストレートは太さを変えることで、指の気になる太さや短さなどをカバーすることができます。

また、ストレートといっても、アームを丸みをつけたり、角張らせることでその雰囲気も大分変わります。

ストレートはあまり好きではないという人には、すこし柔らかい雰囲気のあるS字の形が選ばれます。

女性らしい雰囲気がありますが、指が長くて細い男性の手にはしっくりくる形です。

S字といってもそのカーブの深さで雰囲気が大分変わります。

少し変わった形がいいという人にはX字の形がおすすめです。

X字というのは、リングをクロスさせてXの形にしている指輪です。

サイドに広がりがあるので、縦のラインを強調して、指を長く細く見せてくれます。

ボリュームがありそうですが、繊細な雰囲気があり指を奇麗に見せてくれます。

This entry was posted in 結婚指輪のデザイン. Bookmark the permalink.

Comments are closed.